【最新情報】ウイングスパン拡張『東洋の翼』【2022/10/6】

2022年10月6日、ボードゲーム「ウイングスパン」の開発元Stonemaier Gamesから、新拡張「ウイングスパン 東洋の翼」の情報がリリースされました!

Wingspan Asiaの予約は11月にStonemaierから直接開始されます。Jamey(Stonemaier GamesのCEO)がルールブックをリリースしました。

https://twitter.com/elizhargrave/status/1577678481206530048

日本語版は2023年1月26日に発売される予定で、現在予約販売受付中です。

・・・が、既にたくさんの方が予約しており、通販サイトは売り切れ続出。争奪戦状態です。

¥5,940 (2022/12/18 21:41時点 | Yahooショッピング調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

Stonemaier Gamesの公式サイトから、英語版のルールブックがダウンロードできます。

※↑のリンクから公式サイトに飛び、文章下の見出し「Components」の下にある「rulebook」というリンクからダウンロードできます

この記事では、現時点で判明している『ウイングスパン拡張 東洋の翼』の情報についてまとめてみました!

目次

新拡張「東洋の翼」で加わる新要素について

  1. 新しい鳥カード90枚 New!
  2. つがいモード(2人対戦モード) New!
  3. 郡鳥=フロックモード(6・7人対戦モード) New!

今回の目玉は、②と③の新対戦モードです!
それでは1つずつ紹介します。

新要素1:アジアの鳥カード90枚 New!

アジアに生息する鳥から、新たに鳥カード90枚が加わります!
どんな能力を持った鳥が収録されているのか・・・今からワクワクが止まりません。

公式ルールブックの各所に記載されていた鳥の一部を紹介しますね。

『東洋の翼』新カード「コサギ」

ウイングスパン東洋の翼 公式ルールブックより

コサギ

勝利点:2

餌:無脊椎動物 / 魚 /げっ歯類

能力:起動時
「鳥の山から鳥カードを1枚引き、手札に加える。他の各プレイヤーは、鳥の山から鳥カードを1枚引き、それが[湿地]に生息できる鳥ならば、手札に加える。」

注:鳥の名前・能力の翻訳は管理者が行っているため、正式な翻訳ではありません。

『東洋の翼』新カード「スミレテリカッコウ」

ウイングスパン東洋の翼 公式ルールブックより

スミレテリカッコウ

勝利点:5

餌:無脊椎動物 + 果実

能力:次の手番までに1回
「他のプレイヤーが「産卵」アクションを実行した場合、翼長30cm未満の自分の鳥1枚の上に卵を1個置く。この能力が発動した時に限り、鳥の産卵上限を2個まで超えて卵を置ける。」

注:鳥の名前・能力の翻訳は管理者が行っているため、正式な翻訳ではありません。

『東洋の翼』新カード「カオジロオタテガモ」

ウイングスパン東洋の翼 公式ルールブックより

カオジロオタテガモ

勝利点:4

餌:種子 + ワイルド

能力:プレイ時
「あなたはボーナスの山から3枚引く。そのうち1枚を手元に残し、それ以外を捨て札にする。」

注:鳥の名前・能力の翻訳は管理者が行っているため、正式な翻訳ではありません。

『東洋の翼』のその他の新カードについて

その他、これまで公式からリリースされた新カードの情報を、管理者のツイートにまとめてありますので、そちらも参考にしてください。

新要素2:つがいモード(2人対戦モード) New!

アジア拡張の目玉の1つである「つがいモード」(英語版はDuet Mode=デュエットモード)は、2人対戦用に追加された新ルールです!
このつがいモードに関しては、アジア拡張は独立型(基本版や他の拡張がなくても遊べる)となっています。

基本ルールに加えて共通マップを使った「陣取り合戦」のような、パズル感覚のシステムを採用しているのが特徴です。

つがいモードの特徴

特徴:

  • デュエットモード専用の共通マップ・トークン・ラウンド終了目的タイルを使ってゲームを行う
  • 通常のラウンド終了目的タイルの代わりに、デュエット専用のラウンド終了目的タイルを使う

アクションの特徴

  • アクションについては、基本ルールと同じ
  • 鳥カードを1枚プレイするたびに専用トークンを1個取得し、中央の共通マップに置く
  • 共通マップには36個のマスがあり、餌・巣のアイコンや「翼長30cm未満」などの条件が記載されている
  • プレイヤーは、プレイした鳥に合致する条件のマスにしかトークンを置けない
  • ラウンド終了目的は「連続して横並びに隣接しているマスの数」「餌アイコンが記されているマスの数」など、すべて共通マップ絡みのものとなっている

つがいモード専用のラウンド終了目的

  • ラウンド終了目的は「連続して横並びに隣接しているマスの数」「餌アイコンが記されているマスの数」など、すべて共通マップ絡みのものとなっている
  • ラウンド終了目的は1位のみに加点、2位は0点(タイの場合は2人とも同じ点数を得る)
  • ラウンド終了目的が2位だった場合、次のラウンドの先行プレイヤーとなる
  • ゲーム終了時、連続して隣接しているマスのグループのマス数だけ勝利点を得る

共通マップを使って、陣取り合戦をするイメージです。
今までとは異なるラウンド終了目的や、パズル的要素が加わり、新たなウイングスパンの世界を楽しむことができます。

2人対戦が多い方には、嬉しい新ルールですね!

新要素3:郡鳥モード(6・7人対戦モード) New!

アジア拡張のもう1つの目玉である「郡鳥モード」(英語版はFlock Mode=フロックモード)は、6・7人対戦ができる新ルールです!
ウイングスパンは2人~5人対戦用のボードゲームですが、「郡鳥モード用ターンテーブル」を使うことで6人・7人でも対戦できるようになりました。

郡鳥モードはつがいモードと異なり、基本版ウイングスパンが必要となる拡張モードです。

郡鳥モードの特徴

  • フロックモード専用のターンテーブルを使ってゲームを行う
  • アクションやラウンドの進め方については、基本ルールと同じ
  • ゲーム開始時に2グループに分かれる
  • 餌箱・鳥の山はグループごとに用意する。餌箱・鳥の山は、自分のグループ内のものしか使用できない
  • ターンテーブルに従って、各グループ内で1人が同時に手番を行う(常に2人が同時にアクションする)
  • 「次の手番までに1回」や「全員にメリットがある能力」は、グループを超えて全プレイヤーに影響する
  • ラウンド終了目的で2人以上が1位タイになったとしても、全員そっくり勝利点をもらえる。さらに、通常ルールだと1位が2人存在する場合、次の順位は3位からとなるが、フロックモードでは2位の勝利点がもらえる

6・7人対戦と聞くとダレてしまう印象ですが、常に2人が同時にアクションするため、慣れれば4人対戦くらいのスピードで進んでいくと思われます。

大人数でウイングスパンを楽しみたい方向けのルールですね!

「ウイングスパン 東洋の翼」についてのQ&A

その他、気になる点をQ&A形式でまとめてみました!

日本での販売開始はいつですか?

2022年12月16日より、予約販売が開始されています。

販売開始は2023年1月26日からです。

基本版や他の拡張版(欧州の翼・大洋の翼)と合わせて遊べますか?

はい。
「ウイングスパン拡張 東洋の翼」は、基本版や拡張版と合わせて遊ぶことができます。
単純に新しい鳥カードをこれまでのバージョンに混ぜて遊ぶこともできますし、東洋の翼で追加された新ルールに、これまでの鳥カードを混ぜて遊ぶこともできます。

「ウイングスパン拡張 大洋の翼」で登場した花蜜には対応していますか?

はい。
今回の拡張にも花蜜対応個人ボードが新たに収納されています。

新たな鳥の能力は登場しますか?

いいえ。
これまで、欧州の翼では「ラウンド終了時能力」、大洋の翼では「ゲーム終了時能力」が登場しましたが、今回の拡張では新しい能力は登場しません。

新たなボーナスカードは登場しますか?

はい。
新たに14枚のボーナスカード(うち3枚は、基本版のものをアップデートしたもの)が登場します。

新たなラウンド終了目的は登場しますか?

デュエットモード用のラウンド終了目的タイルが6枚(裏表で12種類)追加されます。
通常ルールにおけるラウンド終了目的は追加されないようです。

まとめ

以上、現時点で判明している「ウイングスパン拡張 東洋の翼」の情報をご紹介しましたが、英語版ルールブックから翻訳ツールを使って読み解いているため、誤情報などあるかもしれません! あったらご容赦願います。

今後も随時更新していけたらと思います。

正確な情報を知りたい方は、Stonemaier Gamesの公式サイトから英語版のルールブックがダウンロードできます。

※↑のリンクから公式サイトに飛び、文章下の見出し「Components」の下にある「rulebook」というリンクからダウンロードできます

¥5,940 (2022/12/18 21:41時点 | Yahooショッピング調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
/* Your code… */
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次